起業お手伝いします

会社設立をお考えの方をサポートするため、お役立ち情報をお届けするサイト『起業お手伝いします』です。

会社設立のメリット2

必要経費の違い

そのほかに、個人事業に比べて必要経費にできる範囲が広がります。
個人事業の場合は、社長の給与は経費になりません。
しかし、会社を設立すると、社長も役員報酬として会社からの経費で給与が発生します。
また、退職金も受け取ることが可能です。
このように、経費の範囲が広がった分、課税の元となる利益が低くなります。
そのため、税金も安くなり、節税になるというわけです。

責任の違い

もしものとき、責任を負わなければなりません。
そんなときでも、個人と会社では違いがあります。
個人の場合は、無限責任。
債務がある場合は、無限に債務の返済を行わなければなりません。
そのため、事業と関係のない個人の財産まで債務の返済にあてることになります。
しかし、会社の場合は、有限責任。
出資範囲内の責任を負うという制限が定められています。
個人の場合と違い、事業と関係のない財産まで失うことはないのです。

会社設立のデメリット

会社を設立するメリットは以上のとおりですが、
メリットがあるということはデメリットもあるということです。
会社設立は良いことばかりではありません。
このメリットも裏を返せば場合によってはデメリットになることもあり得るのです。
まず、デメリットとしては、会社設立し、管理運営するのには費用がかかるということ。
次に、責任があるということ。
会社を設立したのに、社長一人で会社はやっていけません。
当然、人を雇うことになるでしょう。
その場合、その雇用にも責任が伴いますし、会社の社長という責任も伴います。
簡単な気持ちで会社を設立しても、その後上手くいかないからといって、
途中で投げ出すことはできないのです。
しっかりと、強い意志と社長であるというプライドを持ち、会社を成功させましょう!

Favorite

オメガ 買取

2017/4/10 更新

Copyright(c)2008 起業お手伝いします. all rights reserved.