起業お手伝いします

会社設立をお考えの方をサポートするため、お役立ち情報をお届けするサイト『起業お手伝いします』です。

会社設立にかかる費用

会社設立にはいったいどのくらいの費用がかかるのでしょう。

会社を設立するとなると多額の金額が必要となるイメージありますよね。
会社設立にちょっと興味がある方も、そのイメージだけで、あきらめている方多いのではないでしょうか。
確かに、会社設立には多額の費用がかかります。
最低資本金制度によると、株式会社なら、最低でも1,000万円の資本金が必要となります。
この1,000万円の壁は大きいですよね。
それで無理だとあきらめていた方も多いのでは?

でも、それは以前までのおはなし。
「新会社法」が施行され、最低資本金制度はなくなりました。
つまり、資本金の最低額の定めはなくなり、
1円からでも株式会社を設立することができるようになったのです。
今では、1,000万円の壁が崩壊したのを期に、多くの新しい会社が設立されています。
お金の問題であきらめていた方にチャンスが到来したというわけ。
このチャンスを逃す手はありません!

とは言うものの、実際に1円で会社を設立した場合、今の日本の状況では厳しいものがあります。
この資本金は、会社設立後に大きな影響力を持ちます。
もし、設立後すぐに事業を始める場合。
許認可を取得するためには、その要件の中に会社の資産が記されています。
その資産が300万円だとした場合、当然1円で設立した会社では許認可が取得できません。
もちろん、後から増資することも可能です。
しかし、その場合は手続きなどが発生し、余計な手間がかかってしまいます。
このようにいくら1円で設立できるからと言って、何も考えずに資本金を決めるのではなく、
しっかりと後先のことを見据えて考えましょう。

もちろん資本金だけでは会社は設立できません。
そのほかに諸費用がかかります。
・印紙税 40,000円
・定款認証費用 50,000円
・登記免許税 150,000円
・印鑑製作費用 約60,000円
※印鑑はピンからキリまであるため、値段は直接専門店へ確かめましょう。

会社設立にかかる費用は、資本金に加え諸費用を合わせた金額です。
諸費用はおおよそ30万ほどです。
資本金は、最低でも1,000万円とされていた以前と比べて、
今は、手持ちの20万円からでも会社を設立できるようになりました。

会社の防犯設備にもお金がかかったりするものです。

以前は、会社の設立は、いつか叶える夢のようなものとして持っていましたが、
この「新会社法」が施行され、最低資本金制度がなくなったことで、
夢がぐっと近づいたような気がしました。
そして、漠然とした夢だったものが、具体的な夢へと変わったのです。
きっと、同じように、会社設立が夢ではなく、目標となった方も多いはずです。
これを期に、一緒に夢を叶えましょう!

pickup

金 相場

Last update:2017/8/3

Copyright(c)2008 起業お手伝いします. all rights reserved.